2017/11/23

新製品「BUNGU YU-NO-MI(ブング湯のみ)」


yuruliku、ポカポカ冬の新製品「BUNGU YU-NO-MI」が登場!

文具のアイコンを絵付けした「ペンスタンドにもなる湯のみ」です。
しっかりとした厚みのある、大きめサイズ。




昔から、お寿司屋さんで使われている
「魚の種類の漢字で埋め尽くされた、どっしりしたアノ湯のみ」が大好きでした。

独特の安心感、見ているだけで楽しくなり、ついついクルクル回転させてしまいます。
今回は、そんな思いからデザインを考えました。
”寿司ネタ”ならぬ”文具ネタ”のアイコン、全30種類を絵付けしました。
机の上で、お茶や文具を入れる相棒として活躍してくれるはずです!






クルクル回転させて、好みの文具を探してみてください!









どっしりしているので、ペンスタンドとしても大活躍です。筆記具もたっぷり収納できます!
(写真の色鉛筆は、40本。まだまだ余裕です!)






小物入れとしても使用できる、専用のコットン巾着袋が付いています。





机の上の相棒として、長く楽しく愛用していただけると嬉しいです!










2017/10/06

「PKD酒場2017」再び!


ブレードランナー2049』の公開を控え、
あの「PKD酒場」が2017年バージョンで帰ってきました!
(3年前の「PKD酒場」は、→こちら )


ブレラン・ファンのユルリクも、映画公開に先駆けて、張り切って行ってきました。




今回のエントランス・ディスプレイ。(早川書房・社屋の1F)
酒場っぽく暖簾のイメージ。






赤提灯のフィリップ・K・ディック、発見!





店内モニターでは『ブレードランナー2049』の予告が上映中。(デッカード様、かっこいい!)







前回同様、壁面には海外の装幀がディスプレイされています。
それぞれのお国柄が現れているようで、見ていて飽きません。ユルリクは、フクロウのグラフィックがお気に入り。






幻の「デッカ丼」。見た目とは裏腹?に、なかなか美味しい!
ブルーのカクテル名は「流れよ我が涙、と警官は言った」です!!





「二つで十分ですよ。」でおなじみの、名物うどんヌードル。





今回もレプリカント測定テスト(フォークト=カンプフ・ペーパーテスト)や、PKDパスポートは健在です。




ちなみに、、、


PKD酒場を訪れたその日の夜、ノーベル文学賞の発表がありました。
今後の「PKD酒場2017」の存続が気になります。。。









2017/08/08

ツバメノート「A5方眼ノート」が新登場!

ユルリクがデザインを担当した「ツバメノート・方眼ノート」シリーズに、
新しく「A5サイズ」が加わりました!




2009年、「A4サイズ」からスタートし、「B5サイズ」が追加され、
今回の「A5サイズ」の登場によって、ついに全3種類(3サイズ)となりました!
中紙も、ツバメ中性紙フールスに統一されました!


このシリーズは、ユルリクのオンラインショップでもリピーターの方が多く、
根強い人気に支えられています。(ありがとうございます!)
ユルリクもユーザーなので、最もよく使う「A5サイズ」の制作が決まった時は、感無量でした。。。







クリームフールス紙を使用したツバメノートのA5サイズと一緒に、用途で使い分けるのもオススメです。
(こちらのシリーズも、ユルリクがデザインを担当しています!)



店頭で見かけた際は、ぜひ手にとってご覧ください。








2017/08/04

三重の小冊子『kalas』


ひょんなご縁で、三重のkalasbooksさんの小冊子『kalas』最新号にユルリクが登場しております。

とても個性的な小冊子。まるで一冊の短編集を読んでいるようです。






最新号のテーマは「振らない賽子」。このテーマだけでも興味津々。
三重県・津をベースに発行されているそうですが、エリアを超えた内容です。





yurulikuもこっそり登場。
今回のスペシャルなご縁は、オオネダの古い友人の悪戯がきっかけです。感謝!



この号は、アトリエショップにてご覧いただけます。
気になった方は、ぜひ手にとってみてください!













2017/07/16

新製品「BUNGU Ticket Folder」ユルリク的・整理術!?


yurulikuの新製品「BUNGU Ticket Folder」ができました!
春に登場した「BUNGU Clear Folder」に続く「文具で文具を整理する!」シリーズ、
すこし大人のブングなチケットフォルダーです。


旅行の時、乗車券や地図、記念に集めた細かな紙モノなどをまとめて収納するファイルが欲しい…
できれば、気軽なモノ...
そんな思いからスタートし、デザインを考えました。





大好きな原稿用紙のようなデザインです。
持ち歩きにも便利なコンパクト・サイズで、レッドとブルーの2カラー展開。





そして、、、
ユルリク「オススメの使い方」をご紹介します!





<その1・台湾旅行編>
航空券や乗車券、記念のポストカード、地図などをまとめて収納。
A4サイズが入るので、旅先で出力した地図を「こっそり見たいとき」にも便利です!







<その2・松本旅行編>
記念スタンプやインスタント写真、気になる蕎麦屋の地図、小さなメモ帳などを挟んで。
カバンの外ポケットに差し込んで、気軽に出し入れして使ってます!









<その3・旅行を終えて>
帰宅後は、旅の思い出とともに、そのまま保管。

旅先ごとにまとめて収納しておけば、探し物もすぐ見つかります!
(今まで、探すのに苦労してきました...)
原稿用紙のマス目に旅行のタイトルや日付などを、作文風に記録しておくのもオススメです!





以上、ユルリク的の「旅の思い出・整理術」!?でした。



「気軽なファイル」として、様々なシーンでお役にたてば嬉しいです!










2017/06/16

「南島風情のスタイル 台日蔵書票特別展」台湾文化センター


先日、日比谷に行った際に、台湾文化センターで開催されている展覧会




台湾における日本統治時代の蔵書票などが紹介されています。






<台湾文化センター>
会場は、台北駐日経済文化代表処にある台湾文化センターです。
(オフィスビルの一角なので、少し入りにくいかも。。。)






<展覧会場>
いろいろな蔵書票が展示されています。どれもカワイイ!
いつか自分専用の書票をつくりたいなぁ、、、などと妄想が膨らむばかり。










<特設・スタンプコーナー>
特設のスタンプコーナー。さすが台湾です!








<各種・記念スタンプ>
記念スタンプは、かなりのビッグサイズ! しかも4種類と大盤振舞い!!
持参のノートに収まりきらないサイズでしたが、、、専用のハガキが用意されていたので一安心。



展示会場は、あまり大きなスペースではありませんが、ちょっとした息抜きにはぴったりな展示会でした。
日比谷公園も近いので、晴れた日にはオススメです!



















2017/06/01

BROMPTON輪行 〜5月の信州〜


5月の連休に、松本・安曇野方面へ輪行をしてきました。
今回は、デジカメと一緒に、チェキも持参!
少し「レトロな雰囲気」で記録してみました。





【1日目】

松本市内を観光しながら、自転車で穂高を目指します。



<松本城>
松本といえば「国宝 松本城」。





<松本市内>


看板の文字がかわいい。





<旧開智学校>







【2日目】

穂高から大町市・木崎湖まで、のんびりサイクリング。


<大糸線・穂高駅>


駅前の観光案内所にいたクマ?






穂高川を渡ります。



自転車と電車と北アルプス







快晴の道をズンズン進みます。







<大糸線・信濃大町駅>
信濃大町駅に到着。







<信濃大町・タカラ食堂>

お腹ペコペコで向かったのは、以前から気になっていた「タカラ食堂」さん。






木槌に「タカラ」の文字がかわいい。






親子丼と信州そばのセット。とっても美味しかった!!








<若一王子神社>

立派な三重塔がある、大町市の「若一王子神社







<仁科三湖・木崎湖>

仁科三湖の一つ、木崎湖湖畔で休憩。








<大糸線・海ノ口駅>


海はないけど「海ノ口」。いい駅名ですね。



駅名標もパチリ。








【3日目】

最終日は、安曇野をサイクリング。



<大王わさび農場>


日除けされた「大王わさび農場」のワサビ田。 水が冷たい!




名物「わさびソフト」美味しい!







<CHILLOUT STYLE COFFEE>
お気に入りの窓側席でまったり。至福のひととき。







<TAKENOSU BAKE>
長野の友人に教えてもらったスコーン専門店「TAKENOSU BAKE
残念ながら、売り切れ。。。(予約必須のようです。)







今回の輪行は、3日間天候に恵まれ、快適なサイクリングを楽しめました。
次は、糸魚川まで頑張りたい!









2017/05/13

yurulikuの『ユルリさんぽ 御茶ノ水』 第1号


ユルリクが御茶ノ水にアトリエを構えて、今年で8年目。
御茶ノ水の街とのお付き合いも、ずいぶん長くなってきました。

神保町や秋葉原へも徒歩圏内という抜群の立地なので、
気分転換や、週に一度の「ユルリク・ミーティング(企画会議です!)」のために、
いろいろなところへ出かけます。


そこで、
ちょっとした記録として、「散歩日記」なるものをつけていこうと思います。
題して yuruliku の『ユルリさんぽ 御茶ノ水』!

記念すべき第1号は、ユルリクの超・ご近所を「ユルリさんぽ」です。




<御茶ノ水駅>
御茶ノ水駅には、2つ改札口があります。こちらは、御茶ノ水橋口改札。




<御茶ノ水橋からの眺め>
現在、聖橋は長寿命化工事の囲いで覆われているので、残念ながら美しいアーチの姿は拝めません。。。







<神田明神>
神田明神は、ユルリクのアトリエから徒歩5分。
2年に一度の「神田祭」がスタートし、境内は熱気であふれています。




<神田明神・境内のお神輿>
お神輿もスタンバイです!





本日の喫茶は、神田明神に隣接している「神田の家(井政)」
江戸時代から、神田で材木商を営んでいた商家の家を移築した建物です。



<神田の家>
静かな佇まい。



材木商!という感じの立派な看板。






【本日のユルリ喫茶】


<カフェ・IMASA>
神田明神の隣にあるのですが、とても静かです。
一瞬、どこにいるのかを忘れてしまうほど、ゆったりした時間が流れています。
(台湾・台中にある「林之助紀念館」を思い出してしまいました。)







【本日のユルリおやつ】


<大國屋治助>
持ち帰りのおやつは、明神下にある老舗飴屋さんで。




<明神あめ>
本日購入したのは、サイダー味。なんとも涼しげな色合いです。
お気に入りの黒糖ハッカ味は、残念ながら売り切れでした。。。
お値段は、これで200円! 味も価格も、とっても優しいのです。


本日の、小一時間のお散歩は、これにて終了です。






【本日の御茶ノ水さんぽ MAP】