2017/10/06

「PKD酒場2017」再び!


ブレードランナー2049』の公開を控え、
あの「PKD酒場」が2017年バージョンで帰ってきました!
(3年前の「PKD酒場」は、→こちら )


ブレラン・ファンのユルリクも、映画公開に先駆けて、張り切って行ってきました。




今回のエントランス・ディスプレイ。(早川書房・社屋の1F)
酒場っぽく暖簾のイメージ。






赤提灯のフィリップ・K・ディック、発見!





店内モニターでは『ブレードランナー2049』の予告が上映中。(デッカード様、かっこいい!)







前回同様、壁面には海外の装幀がディスプレイされています。
それぞれのお国柄が現れているようで、見ていて飽きません。ユルリクは、フクロウのグラフィックがお気に入り。






幻の「デッカ丼」。見た目とは裏腹?に、なかなか美味しい!
ブルーのカクテル名は「流れよ我が涙、と警官は言った」です!!





「二つで十分ですよ。」でおなじみの、名物うどんヌードル。





今回もレプリカント測定テスト(フォークト=カンプフ・ペーパーテスト)や、PKDパスポートは健在です。




ちなみに、、、


PKD酒場を訪れたその日の夜、ノーベル文学賞の発表がありました。
今後の「PKD酒場2017」の存続が気になります。。。









2017/08/08

ツバメノート「A5方眼ノート」が新登場!

ユルリクがデザインを担当した「ツバメノート・方眼ノート」シリーズに、
新しく「A5サイズ」が加わりました!




2009年、「A4サイズ」からスタートし、「B5サイズ」が追加され、
今回の「A5サイズ」の登場によって、ついに全3種類(3サイズ)となりました!
中紙も、ツバメ中性紙フールスに統一されました!


このシリーズは、ユルリクのオンラインショップでもリピーターの方が多く、
根強い人気に支えられています。(ありがとうございます!)
ユルリクもユーザーなので、最もよく使う「A5サイズ」の制作が決まった時は、感無量でした。。。







クリームフールス紙を使用したツバメノートのA5サイズと一緒に、用途で使い分けるのもオススメです。
(こちらのシリーズも、ユルリクがデザインを担当しています!)



店頭で見かけた際は、ぜひ手にとってご覧ください。








2017/08/04

三重の小冊子『kalas』


ひょんなご縁で、三重のkalasbooksさんの小冊子『kalas』最新号にユルリクが登場しております。

とても個性的な小冊子。まるで一冊の短編集を読んでいるようです。






最新号のテーマは「振らない賽子」。このテーマだけでも興味津々。
三重県・津をベースに発行されているそうですが、エリアを超えた内容です。





yurulikuもこっそり登場。
今回のスペシャルなご縁は、オオネダの古い友人の悪戯がきっかけです。感謝!



この号は、アトリエショップにてご覧いただけます。
気になった方は、ぜひ手にとってみてください!













2017/07/16

新製品「BUNGU Ticket Folder」ユルリク的・整理術!?


yurulikuの新製品「BUNGU Ticket Folder」ができました!
春に登場した「BUNGU Clear Folder」に続く「文具で文具を整理する!」シリーズ、
すこし大人のブングなチケットフォルダーです。


旅行の時、乗車券や地図、記念に集めた細かな紙モノなどをまとめて収納するファイルが欲しい…
できれば、気軽なモノ...
そんな思いからスタートし、デザインを考えました。





大好きな原稿用紙のようなデザインです。
持ち歩きにも便利なコンパクト・サイズで、レッドとブルーの2カラー展開。





そして、、、
ユルリク「オススメの使い方」をご紹介します!





<その1・台湾旅行編>
航空券や乗車券、記念のポストカード、地図などをまとめて収納。
A4サイズが入るので、旅先で出力した地図を「こっそり見たいとき」にも便利です!







<その2・松本旅行編>
記念スタンプやインスタント写真、気になる蕎麦屋の地図、小さなメモ帳などを挟んで。
カバンの外ポケットに差し込んで、気軽に出し入れして使ってます!









<その3・旅行を終えて>
帰宅後は、旅の思い出とともに、そのまま保管。

旅先ごとにまとめて収納しておけば、探し物もすぐ見つかります!
(今まで、探すのに苦労してきました...)
原稿用紙のマス目に旅行のタイトルや日付などを、作文風に記録しておくのもオススメです!





以上、ユルリク的の「旅の思い出・整理術」!?でした。



「気軽なファイル」として、様々なシーンでお役にたてば嬉しいです!










2017/06/16

「南島風情のスタイル 台日蔵書票特別展」台湾文化センター


先日、日比谷に行った際に、台湾文化センターで開催されている展覧会




台湾における日本統治時代の蔵書票などが紹介されています。






<台湾文化センター>
会場は、台北駐日経済文化代表処にある台湾文化センターです。
(オフィスビルの一角なので、少し入りにくいかも。。。)






<展覧会場>
いろいろな蔵書票が展示されています。どれもカワイイ!
いつか自分専用の書票をつくりたいなぁ、、、などと妄想が膨らむばかり。










<特設・スタンプコーナー>
特設のスタンプコーナー。さすが台湾です!








<各種・記念スタンプ>
記念スタンプは、かなりのビッグサイズ! しかも4種類と大盤振舞い!!
持参のノートに収まりきらないサイズでしたが、、、専用のハガキが用意されていたので一安心。



展示会場は、あまり大きなスペースではありませんが、ちょっとした息抜きにはぴったりな展示会でした。
日比谷公園も近いので、晴れた日にはオススメです!